支援センターについて

支援センターのご案内

 女性が医師国家試験合格者の1/3を占め、熊本県においても、20〜40代の医師の中で、女性医師の割合は21%を超えています。すでに熊本の医療界で主力となっているのに、出産・子育て・介護など家庭と仕事の両立で悩み、休職・離職する女性医師も少なくありません。
 支援センターでは、このような悩みを抱えている女性医師に対し、復職支援・保育支援・介護支援を行い、女性医師の活躍の場が広がっていくことを目的としています。


 女性医師キャリア支援センターのホームページは、これまで熊本市医師会で運用されていました。このたび、熊本県の女性医師支援事業を拡充するとともに事業をより効率的に進めていくため、平生28年4月から熊本県地域医療支援機構で運用することになりました。
 熊本県地域医療支援機構は、医師の地域偏在の解消を目的に平生24年12月に熊本県によって設置された組織です。現在、熊本県から機構の主な事業について運営の委託を受けた熊本大学医学部附属病院地域医療支援センターの中に事務局はあります。
 今後、下の図にありますように熊本県を中心に、関係機関が一層連携を図りながら女性医師支援(男女共同参画)に取り組みますので、よろしくお願いします。


↑ページトップへ戻る

アクセスマップ