女性医師データ

女性医師へのアンケート調査の結果について

(1)目的
女性医師の現状や女性医師を取りまく環境等についての実態把握を行い、その結果をもとに、女性医師の離職防止及び再就職支援に向けた対策を検討することを目的とする。
(2)実施主体
熊本市医師会、熊本県医師会、熊本県
(3)調査対象
県内女性医師:656名(2006年厚生労働省 医師歯科医師薬剤師調査)
(4)調査方法
〕夙調査:県内の医療機関に、郵送にて女性医師の勤務の有無及び人数を把握。
∨楪敢此予備調査で勤務している(育休中も含む)との回答を得た女性医師に対し、郵送にて調査を実施。
(5)調査期間(本調査)
平成18年8月〜9月(熊本市分)
平成20年2月(熊本市以外分)
(6)調査項目
  • 基本項目(年齢・主たる診療科目)
  • 勤務状況
  • 職場環境
  • 家庭環境
  • 産前産後休暇・育児休業について
  • 介護について
(7)回答者数
全体:309名
  • 熊本市医師会調査:206名
  • 熊本県医師会・熊本県調査:103名
(8)回答率
47.1%

医師の男女共同参画に関するアンケート

今回私たちは熊本県の地域医療の現状と必要な支援を把握することを目的に、クローバーの会のご協力のもと、県内の公的病院・医師会立病院に勤務する全医師を対象にアンケートを行いました。

その結果、育児中の女性医師が活躍できる場や臨床科が制限されており、支援として、短時間勤務制度、保育サービスの充実と、全医師への啓発が挙げられました。

ご協力いただきました皆様、誠にありがとうございました。今回の結果をもとに医師のキャリア形成支援活動を一歩ずつ進める所存ですので、今後ともご協力のほどどうぞよろしくお願い申し上げます。

結果の詳細についてはPDFをご覧ください。(画像をクリックするとPDFを表示します。)

熊本県医療人キャリアサポート CLOVER